油圧ジャッキを使って硬いタイヤのビードを落とす方法

【STEP1】必要なものを準備する

油圧ジャッキとタイダウンベルトでビード落とし

タイヤのビードを落とすために必要なものは、車をジャッキアップするときに使う油圧ジャッキと荷締めなどで使うタイダウンベルトです。

【STEP2】油圧ジャッキにタイヤを乗せる

まずはじめに、タイヤのムシを取り外して空気を完全に抜いてしまいます。

そして、油圧ジャッキの上にタイヤを乗せていきましょう。

油圧ジャッキにタイヤを乗せる

このとき、ジャッキの治具がアルミホイールに当たるギリギリのところに合わせてタイヤを乗せておきます。

油圧ジャッキの上にタイヤを載せたところ

【STEP3】タイダウンベルトでジャッキとタイヤを固定する

次に、タイダウンベルトを使ってタイヤとジャッキを固定します。

ホイールを上から覗き込むとジャッキの先端が見えますので、丸棒の部分にタイダウンベルトを通しましょう。

ジャッキの前側のタイダウンベルトを引っ掛けるところ

タイダウンベルトをジャッキの先端に通した

次に、ジャッキの中央部分の下にタイダウンベルトを回して、下記のような感じで固定していきます。

タイダウンベルトをジャッキ中央の下を通す

タイダウンベルトでタイヤとジャッキを固定した

このとき、タイダウンベルトをしっかりとキツく締めつけておくのがポイントです。

【STEP4】ジャッキを上げてビードを落とす

後はジャッキのレバーを操作して、徐々にジャッキを上げていきましょう。

油圧ジャッキを使ったビード落としの方法

すると上記のような感じで、タイヤのビードを外すことができます。

最後に一言

今回は、油圧ジャッキを使って硬いタイヤのビードを落とす方法についてお話しました。

一般的なビードブレーカーはテコの原理でビードを落とす構造になっていますが、この方法は油圧を使ってビードを落とすことができるのでとても楽に作業することができます。

ただし、タイヤには油圧ジャッキの治具の後がついてしまいますので、要らなくなったタイヤを取り外す際などに活用するのがいいと思います。

どうしてもタイヤのビードを落とすことができない場合、今回は自分で作業するのは諦めてプロにタイヤを組み替えてもらうことをお勧めします。

というのも、銘柄やインチ数などによっては、プロが使うような強力な油圧を使わないとビード落とせないタイヤもあったりするからです。

持ち込みタイヤでも組み換え作業をしてくれ、かつその工賃が安いお店の探し方については、こちらの記事で詳しく紹介しておきますので、ご参考まで。

>>【持ち込みタイヤ】組み換え料金が安いお店の探し方

それでは!



タイトルとURLをコピーしました