【評判は?】送料も安いオートウェイ通販でタイヤを買う方法と取付工賃節約の裏技

タイヤを通販で安く購入する際の2つのポイント

ここからは、タイヤをネットで購入する際に知っておきたい2つのポイントについてお話していきます。

【ポイントその1】今と同じサイズのタイヤを購入する

タイヤを通販で購入する場合にいちばん大切なことは、タイヤサイズを間違えないということです。

というのも、オートウェイからアジアンタイヤを購入する場合に限って言うと、タイヤの性能や品質を確保できる製品しか販売されていないため、後は口コミを確認して銘柄を選べばOKとなります。

ですが、この後、選んだ銘柄のタイヤの中から、自分の車にあったサイズを指定して注文していく必要があります。

車のタイヤは純正のままでもオプションの有無などによって異なるタイヤサイズが存在していますので、ネットで調べたサイズをそのまま鵜呑みにして購入するのではなく、実際に自分の車のところに行き、タイヤのサイドウォールに記載されているタイヤサイズを確認してください。

少し面倒とは思いますが、こうすることによってタイヤサイズの注文間違いを未然に防ぐことができます。

万が一、間違ったタイヤサイズのものを購入してしまった場合、送料などは自己負担になってしまうことがほとんどです。

正しいタイヤサイズで注文するということは、タイヤを安く買うための重要なポイントですので、しっかりと確認してから注文していきましょう。

【ポイントその2】送料や取付工賃のことも考える

通販でタイヤを購入する一番の魅力は、とにかくタイヤを安く買うことができるという点です。

オートウェイのネット注文であれば、タイヤ本体の購入価格だけを考えても、主要メーカーのタイヤの半額レベルで新品タイヤを購入することも可能です。

ただ、通販でタイヤを購入しようか迷っている人であれば、ヤフオクやアマゾン、楽天などのネットショップなどで、オートウェイ級に安いタイヤを取り扱っているところも見かけたことと思います。

でも、ほとんどの場合、タイヤの本体価格は安いのだけれど、タイヤの送料が高いため、トータルで考えた時の費用が高くなってしまうことがほとんどなのではないでしょうか?

私がこのオートウェイを利用してタイヤを購入する一番のポイントは、タイヤの本体価格が安いだけではなく、送料まで安い(1本あたり1000円)という点です。

送料について - タイヤ&ホイール通販ならAUTOWAY

>>送料について|AUTOWAY

その他のショップのタイヤの送料は1本あたり1500~2000円が相場ですので、それらと比べると送料の面でもメリットがあることがわかります。

私の場合、自分でタイヤを組み替えることができるので、オートウェイで新品タイヤを安く購入して、配送先を自宅に指定し、タイヤが到着した後は自分でタイヤを組み替えるという流れで、タイヤの交換費用をかなり抑えることができています。

>>【タイヤ交換】自分でタイヤを組み換える具体的な方法を徹底解説

ここで既に気がついている人も多いと思いますが、タイヤをネット注文で購入した場合、基本的にはタイヤを自分で交換しなければならないと思いがちです。

ですが、オートウェイの場合は、タイヤピット(オートウェイと提携しているタイヤの組み換えを行ってくれるお店を紹介してくれるサービス)があります。

>>初めてご利用の方へ|タイヤピット

具体的には、ネット注文時にタイヤの送付先を近所のタイヤピット加盟店に指定しておくと、後日、そのお店の方から電話連絡がありますので、そこでタイヤ交換の日程調整などを行い、指定した日にタイヤまたは車をそのお店に持ち込んで、タイヤを組み替えてもらうという流れになります。

ただ、少し残念なのはこのタイヤピットのタイヤ組み換え料金は良心的ではあるものの、相場より格段に安いというわけではないという点です。

少しでもタイヤの組み換え料金を安くしたいという場合は、少し裏技的な方法になりますが、タイヤの送付先は自宅にしておき、下記の記事を参考に持ち込みタイヤを格安で取付けてくれるお店を探して、そこでタイヤを組み替えてもらうという流れにするのがいいでしょう。

>>【持ち込みタイヤ】組み換え料金が安いお店の探し方

次のページでは、オートウェイでタイヤを注文する具体的な方法と、商品到着までの流れなど、実際に注文した時の様子についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました