【持ち込みタイヤ】組み換え料金が安いお店の探し方

Amazonのタイヤ組み換えサービス

先程お話したように、自分でタイヤの組み換えができるようになった後に知ったのですが、Amazonから直接購入した場合(下の図を参照)のみ、以下の提携グループで持ち込みタイヤ交換してもらうことができるようになりました。

Amazonで購入したタイヤを組み換え作業

Amazonで購入した場合の組み換え料金(4本分)

  • オートバックス;6000円~
  • 宇佐美;4320円~
  • 出光;4320円~
  • エッソ、モービル、ゼネラル;5000円~
  • ロータスクラブ;9072円~
  • タイヤプロネットワーク;4320円~

このように持ち込みタイヤでもAmazonを通して買うと、タイヤ組み換えが基本NGだったところでも作業を断られることがなくなり、かつ比較的安値でタイヤ交換してもらうことができるようになります。

アマゾンは国産タイヤから欧州、アジアンタイヤまで様々なタイヤを取り扱っていますので、①アマゾンで格安タイヤを購入、②上記のお店で取り付けという流れにすると、タイヤの交換費用を安くすることができます。

タイヤ交換サービスの詳細は、Amazonの商品ページの下の方にある「タイヤ取付・交換」というところをチェックしてみてください。

Amazonのタイヤ取り付けサービスの詳細

AUTOWAYのタイヤピット

オートウェイは私がいつもタイヤを購入しているネットショップで、価格の安いアジアンタイヤを国産タイヤの半額レベルで手に入れることができます。

>>タイヤ通販の終着駅 AUTOWAY

例えば、私が以前購入したエルグランド(E51)用のタイヤの場合、近くのカー用品店の場合約10000円/本が相場だったにも関わらず、ハイフライというメーカーのタイヤ(HF201)なら約4500円/本(送料込み)でした。

【格安】HIFLYタイヤ(HF201)の性能と耐久性を追跡調査

>>【格安】HIFLYタイヤ(HF201)の性能と耐久性を追跡調査

AUTOWAYの場合もアマゾンと同じような感じで、タイヤ組み換えの提携店(タイヤピット)があり、オートウェイで買ったタイヤならタイヤの着脱から組み換え、バランス取りまでやってくれて、一本あたり1800円~という料金で作業してもらえます。

詳しくはオートウェイのサイトにアクセスして、「タイヤピット」というところを確認してみるといいいと思います。

グーピット(持ち込みパーツ歓迎店のネット検索サイト)

中古車の販売サイト「グーネット」で有名な株式会社プロトコーポレーションが運営する「グーピット」と呼ばれる持ち込みパーツの取り付け歓迎店を検索できるサービスがあります。

>>ネットで購入したパーツを取り付けるなら【グーピット】

グーピットは、全国にある持ち込みカー用品の取り付け作業を歓迎しているお店を簡単に探すことができるサイトで、当然、持ち込みタイヤの組み込み作業もOKというか、大歓迎されます。

私はこのサービスを知ってから本当に良い世の中になったなぁと思いました。

昔みたいに断られることにビクビクしながら「持ち込みタイヤの組み込みをお願いしたいのですが・・・」なんて言う必要のない時代が来たんですね。

Gooピットの場合、「○○で購入した商品でないとダメ」という縛りがないので、ヤフオクで購入した中古タイヤを取り付けてもらう事もできますし、タイヤ交換以外でも色んな場面で活用することができます。

具体的な利用方法としては、Gooピットにアクセスして近くにあるお店を探しだし、あとは「見積もり問い合わせ」と進んでいけばOK。

見積もり問い合わせだけなら無料なので、何箇所からか相見積もりを取ってみるのがいいでしょう。

WEB問合わせの内容の例文としては、以下のような感じで車の状態を簡単に記入し、そして見積もりがほしい旨と、見学が可能かどうかを聞いてみるのがいいと思います。


ネットで購入したタイヤ(〇〇という銘柄で、タイヤサイズは〇〇/〇〇 〇〇r)を2本組み替えてもらいたいのですが、工賃はいくらぐらいでしょうか?また、可能であれば勉強のために作業の様子を見学させてもらいたいのですが、よろしいでしょうか?


WEBで簡単に相見積もりが取れるからか、実際の全体的な料金相場もなかなかいい感じのレベルです。

タイヤの組み込み先を探している場合は、まずはこのグーピットで相見積もりを取って、タイヤ組み換えの実際の料金相場を確認してみるのがいいと思います。

>>問い合わせ無料!車の修理・整備なら【グーピット】

最後に一言

今回は、【持ち込みタイヤ】組み換え料金が安いお店の探し方についてお話しました。

持ち込みタイヤを安く気持ちよく交換してくれるお店といい関係を構築することができれば、生涯のタイヤ交換費用をかなり節約することができるようになります。

私の場合、本当に苦労して見つけたタイヤ組み換え工賃が圧倒的に安いお店にお世話になっています。

具体的にどこのお店とは言えない(行ったとしても地域的に依頼が難しいと思いますので・・・)のですが、組み換え料金300円~/本、バランス取り500円/本、廃タイヤ処分料300円/本という感じで、タイヤ4本の組み換え&廃タイヤの処分を依頼しても5000円でお釣りがきます。

ここからは少し裏話になるのですが、一般的なタイヤ屋さんは普通にタイヤを売って得られる利益①の他に、タイヤの販売数に応じて貰える報奨金②のようなものもあるため、自分のお店でタイヤを買ってもらえた場合、工賃③も含めると、①+②+③の利益になります。

ですが、持ち込みタイヤの交換の場合に得られる利益が工賃分の③だけに減ってしまうため、あまりうれしくないというのが本音です。

だから一昔前まで、または今でも一部の店舗では、持ち込みタイヤの組み換え作業はダメですというお店があるんですね。

でも、タイヤを販売していないタイヤ組み換え(パーツ取り付け)専門店等の場合、上記の①や②はそもそも存在しないため、そういったお店は工賃だけで生計を立てているため、持ち込みタイヤ大歓迎という雰囲気です。

ちなみに、かつサーキット走行する人(タイヤの消費が激しく、頻繁にタイヤ交換しなければならないような人や車)がたくさん出入りしているようなお店は、工賃をかなり安く設定していることがありますので要チェックです。

一見しただけではお店の中に入りにくいイメージがあるかもしれませんが、一度入ってしまえば車のことが大好きな店主がいろんなことを教えてくれたりしてるかもしれませんよ。

一発でそのようなお店を見つけ出すのは少し大変かもしれませんが、先ほど紹介したサービスなどを使ってタイヤ組み換えの見積もりを取ってみたりして、根気よく自分にあったお店を探し出してみてくださいね。

>>ネットで購入したパーツを取り付けるなら【グーピット】

それでは!



タイトルとURLをコピーしました