オートバックスの格安スタッドレスタイヤの性能と耐久性を追跡調査(ICE ESPORTE)

スタッドレスタイヤの性能について

今回実際に購入して調査したタイヤは、オートバックスで売られている格安スタッドレスタイヤの「ICE ESPORTE(アイスエスポルテ)」です。

国産スタッドレスタイヤ アイスエスポルテ|AUTOBACS.COM

出典)国産スタッドレスタイヤ アイスエスポルテ|AUTOBACS.COM

このタイヤはブリジストンが製造しているもので、それをオートバックスがプライベートブランドとして販売しています。

タイヤ素材にはブリジストンの発泡ゴムを使っているため、素人が触ってもわかるぐらい柔らかいのが特徴です。

>>ブリヂストンだけの独自技術 スタッドレスタイヤの「発泡ゴム」|BRIGESTONE

店員さんに聞いた話だと、雪上、氷上性能は同じオートバックスのPBスタッドレスタイヤ「ノーストレックNi3」よりも良いようです。

ただし、アイスエスポルテにような発泡ゴムを用いた柔らかいタイヤはすり減りやすいため、乾燥路面中心であれば耐久性が高い「ノーストレックNi3」の方がタイヤ持ち良いとのことです。

雪上や氷上中心であれば、発泡ゴムの柔らかい素材を使ったアイスエスポルテを選んだほうが良いのではないかということでした。

実際に装着してみた感想

今回はこのタイヤをハイゼットに実際に装着して使用しました。

アイスエスポルテをハイゼットカーゴに装着

実際に装着して見た感想としては、乾燥やウェット路面に関してロードノイズは大きめで、特に夏タイヤからスタッドレスタイヤに履き替えた瞬間はかなり気になってしまうぐらいです。

ただ、これは他の国産スタッドレスタイヤでも同じなので、それぐらい柔らかいゴム材(発泡ゴム)を使っている証拠でもあると思います。

逆に、激安のアジアンタイヤのスタッドレスタイヤの場合、タイヤが硬すぎてロードノイズが小さいということもあります。

氷上での制動力を出すということを考えると、このロードノイズが大きい(といっても有名ブランドのスタッドレスタイヤと同じ程度)のは、しょうがないことだと思います。

気になる雪上の性能ですが、体感的には他の国産有名ブランドのものとほとんど変わらないという感じです。

特に、アイスバーン上で、もう一つのオートバックスのPBスタッドレスタイヤ「ノーストレックNi3」は若干制動力に不安があったのですが、こちらの「アイスエスポルテ」は信頼できるレベルで特に不安に感じる要素はありませんでした。

この部分はブリジストンの発泡ゴム素材を使っているということが効いているのだと思います。

次のページでは、気になるタイヤの耐久性の部分についてお話していきます。

スポンサーリンク


タイトルとURLをコピーしました