【簡単タイヤ組み換え】手動タイヤチェンジャーの具体的な使い方

手動タイヤチェンジャーの使い方

自分でタイヤを組み替える一番シンプルな方法は、タイヤレバーを使ってタイヤ交換をする方法です。

ただ、タイヤレバーだけだとホイールにたくさん傷が付いてしまったり、ビードが固くてなかなかタイヤの脱着ができず交換に時間がかかってしまったりしてしまいます。

ですが、写真のような手動のタイヤチェンジャーを使えば、大変だったタイヤ組み換え作業が楽になります。

そこで今回は、手動タイヤチェンジャーの具体的な使い方について、詳しくお話していきます。

タイヤ組み換えに必要なものについて

まずはじめに、タイヤチェンジャーを使ってタイヤを組み替える際に必要なものについてお話していきます。

【必要なものその1】タイヤチェンジャー

今回用意したのは、ヤフオク(2000円)で手に入れた手動タイヤチェンジャーで、下側の部分がビードブレーカーになっていて、タイヤのビード落としにも使えるものです。

手動ビードブレーカーの組み立て前

このような形でばらばらの状態で届きましたが、説明書(英語)の通りに組み立てていけば、簡単に作ることができます。

手動タイヤチェンジャーの組み立て方

タイヤ交換で使う手動タイヤチェンジャー

【必要なものその2】タイヤレバー

タイヤ交換で使うタイヤレバー

タイヤの着脱の際に、タイヤチェンジャーの長い棒を差し込むきっかけを作るために、タイヤレバーが必要です。

長いレバーを差し込むきっかけを作る

ホイール面を保護する必要がある(アルミホイールなど)場合、リムガードも準備しておくと良いでしょう。

また、タイヤの種類によっては取り外しはうまくいくものの、取り付けがうまくいかないことがあります。

そのような場合は、タイヤチェンジャー付属の長い棒を使うのではなく、タイヤレバー(2本)でタイヤを組み込まなければならない場合もあります。

タイヤレバーを使ってタイヤを組み込む

この際は、これまで通りタイヤレバーでタイヤを組み込む必要があります。

【必要なものその3】ビードワックス

タイヤの組み込みで使うシリコンスプレー

タイヤの組み換えを楽にするために使うのがビードワックスで、手動チェンジャーを使う場合も組み換えに必要な力を少なくするために必要です。

私の場合、ホームセンターで200~300円ぐらいで手に入るシリコンスプレーを使っています。

【必要なものその4】F型クランプ

タイヤの組み込みを楽にするためのF型クランプ

扁平率が小さいタイヤの組み換えを行う場合、ビードをホイールの中央部の凹みまで押さえ込んで置くためにF型クランプを使ったりします。

扁平率が60以上の場合は、特にこのような工夫をしなくても組込できますので、ご参考まで。

【STEP1】タイヤチェンジャーを固定する

このタイヤチェンジャーはボルトなどを使って地面に固定して使います。

タイヤジェンジャーを固定する

私の場合、タイヤチェンジャーは使うときしか出してきませんので、長めのビスを使ってウッドデッキに固定しました。

固定をしていない状態だと全く使い物になりませんので、ご注意ください。

【STEP2】ビードブレーカーでビードを落とす

まず、ビードを落とすためにムシを取り外してタイヤの空気を空っぽの状態にします。

タイヤのムシを取り外す道具

タイヤのムシを取り外したところ

次に、タイヤチェンジャーの下側にあるビードブレーカー部にタイヤをセットします。

ビードブレーカーをセットする

タイヤチェンジャーに付属のレバーを差し込み、下側にグイッと力を入れます。

ビードブレーカーの使い方

タイヤチェンジャーに付属のレバーを差し込む

すると、こんな感じでビードを落とすことができます。

タイヤのビードが落ちた

後は同様のイメージで、タイヤの裏側のビードも落としておきましょう。

ビードが固くてなかなか外れない場合は、2~3個所位置を変えながらやっていくとうまくいきました。

【STEP3】タイヤを台の上にセットする

タイヤのビードが落ちたら、タイヤを台の上にセットしていきます。

タイヤをセットする前のタイヤチェンジャー

タイヤチェンジャーの台はこのような感じになっているのですが、太い棒はホイールのセンター部に、斜め向きになっている細い棒はハブボルトが通る穴に差し込む形で、ホイールを置いていきます。

ホイールを載せた後のタイヤチェンジャー

次に、十字型のパーツを太い棒に挿入します。

十字型のパーツ

ホイールの上に十字のパーツが乗る

この十字のパーツはホイールを固定するためのものなので、このままの状態ではホイールに傷が付いてしまいます。

ホイールと十字パーツの間に何か柔らかいものを挟んでやると、多少傷がつきにくくなると思います。

プチプチをホイールと十字パーツの間に挟む

ここまで準備ができたら、この上から円筒状のパーツを取り付けていきます。

円筒状のパーツを取り付ける

円筒状のパーツの内側にはボルトが入っていて、このパーツをグルグル回していくことでホイールを下に強く押さえつけて固定することができます。

円筒パーツの内側

円筒パーツを取り付けた後のタイヤチェンジャー

これで、ホイールの固定は完了しました。

【STEP4】タイヤを取り外す

さぁ、ここからがいよいよタイヤの取り外し工程です。

まず、タイヤの取り外しを楽にするために、タイヤのビード部にビードクリームをたっぷりと塗っていきましょう。

タイヤの組み込みで使うシリコンスプレー

次に、リムガードをホイールに取り付け、その上からタイヤレバーをホイールとタイヤの隙間に挿入していきます。

リムガードをホイールに取り付ける

タイヤレバーをホイールとタイヤの間に入れる

後はテコの原理でタイヤレバーにグイッと力を入れてやると、タイヤのビードがホイールの上に上がってきます。

タイヤのビードが上がってくる

ここでタイヤチェンジャーに付属の長い棒(先が尖った方)をタイヤレバーの隣から挿入していきます。

タイヤレバーの先が尖った方

長いレバーを差し込むきっかけを作る

後は赤いタイヤチェンジャーの棒を軸にして、グル~っとレバーを回していけば、タイヤを取り外すことができます。

手動タイヤチェンジャーの使い方

タイヤが外れたところ

タイヤを手組したことがある人ならわかると思いますが、この工程がタイヤ取り外しで一番大変なところです。

ですが、タイヤチェンジャーを使えば非常にスムーズにタイヤを取り外すことができてしまいます。

次は、タイヤの裏側の部分をホイールから取り出していきます。

ビードの柔らかいものであれば手だけで簡単に取り外せますが、このタイヤは結構ビードがしっかりしていたので、先ほどと同じような感じでタイヤを外していきました。

タイヤの内側からタイヤレバーを入れる

レバーをホイールとタイヤの隙間に差し込む

レバーを回していく

タイヤが外れた

お疲れ様です。

これでタイヤの取り外しは完了です。

タイヤの取り外した終わった後

なお、タイヤが外れているこのタイミングでエアバルブ(約270円/本、カー用品店のピットなどで購入可能)も交換しておくことをおすすめします。

タイヤのエアバルブの交換方法

>>自分で車のタイヤのエアバルブを交換する方法

【STEP5】タイヤを取り付ける

次はタイヤの取付工程です。

まず、タイヤのビード部にシリコンスプレーをたっぷり塗り込んでおきます。

タイヤのビード部にシリコンスプレー

次に、タイヤをホイールの上に乗せ、両手でグイグイっとホイールに押し込んでやります。

タイヤチェンジャーにタイヤを載せる

タイヤをグイッと押し込む

すると、スコンという感じでタイヤがホイールの中に入っていきます。

ここは手で押すだけで入っていきますので、とても簡単です。

タイヤがホイールの中に入った

此処から先の作業は2つのパターンを選ぶことができます。

一つ目は、タイヤのビードが柔らかく、扁平率が60以上のものの場合、タイヤチェンジャーに付属のレバーを使ってタイヤをはめ込んでいくことができます。

具体的には、ストッパー(なんでもOK)をホイールに取り付け、レバーの先程使った方と反対側を使って、こんな感じでタイヤをはめ込みます。

レバーの反対側

レバーを使ってタイヤを挿入する

サイドウォールの柔らかいタイヤだとこのままレバーを回していけばタイヤをはめ込むことができるのですが、今回のタイヤは低扁平タイヤでサイドウォールも硬かったので、このやり方では力が足りず、うまくタイヤをはめ込むことができませんでした。

そんな場合、2つ目の方法としてタイヤレバーを使う方法があります。

まず、F型クランプでタイヤのビードを押し下げておきます。

タイヤの組み込みを楽にするためのF型クランプ

あとは、タイヤレバーを使ってグイグイっと少しづつ、タイヤをホイールにはめ込んでやるだけです。

タイヤレバーを使ってタイヤを組み込む

タイヤをはめ込んだ後

お疲れ様でした。

これで手動タイヤチェンジャーを使ったタイヤ交換は完了です。

交換が終わったタイヤ

なお、ここから先のタイヤビード上げの方法については、こちらの記事が参考なると思います。

>>【素人向け】タイヤのビード上げの具体的な方法

最後に一言

今回は、手動タイヤチェンジャーの具体的な使い方についてお話しました。

この記事で紹介したように、手動タイヤチェンジャーがあれば素人でも簡単にタイヤ交換ができます。

でも、多少ホイールに傷がついてしまうことがあったり、あまりにもビードが硬すぎたりするとなかなかタイヤを組み替えることができず、結局タイヤレバーを使うということもあったりすることもありました。

ホイールについた傷

ただ、タイヤチェンジャーがないより、あったほうが作業は格段に速く進みますし、交換するための力も少なくて済みます。

タイヤチェンジャーは万能ではないものの、作業を速く進めることができるものという認識をもっておくといいのではないかと感じました。

それでは!



タイトルとURLをコピーしました