【簡単タイヤ組み換え】手動タイヤチェンジャーの具体的な使い方

【STEP1】タイヤチェンジャーを固定する

このタイヤチェンジャーはボルトなどを使って地面に固定して使います。

タイヤジェンジャーを固定する

私の場合、タイヤチェンジャーは使うときしか出してきませんので、長めのビスを使ってウッドデッキに固定しました。

固定をしていない状態だと全く使い物になりませんので、ご注意ください。

【STEP2】ビードブレーカーでビードを落とす

まず、ビードを落とすためにムシを取り外してタイヤの空気を空っぽの状態にします。

タイヤのムシを取り外す道具

タイヤのムシを取り外したところ

次に、タイヤチェンジャーの下側にあるビードブレーカー部にタイヤをセットします。

ビードブレーカーをセットする

タイヤチェンジャーに付属のレバーを差し込み、下側にグイッと力を入れます。

ビードブレーカーの使い方

タイヤチェンジャーに付属のレバーを差し込む

すると、こんな感じでビードを落とすことができます。

タイヤのビードが落ちた

後は同様のイメージで、タイヤの裏側のビードも落としておきましょう。

ビードが固くてなかなか外れない場合は、2~3個所位置を変えながらやっていくとうまくいきました。

【STEP3】タイヤを台の上にセットする

タイヤのビードが落ちたら、タイヤを台の上にセットしていきます。

タイヤをセットする前のタイヤチェンジャー

タイヤチェンジャーの台はこのような感じになっているのですが、太い棒はホイールのセンター部に、斜め向きになっている細い棒はハブボルトが通る穴に差し込む形で、ホイールを置いていきます。

ホイールを載せた後のタイヤチェンジャー

次に、十字型のパーツを太い棒に挿入します。

十字型のパーツ

ホイールの上に十字のパーツが乗る

この十字のパーツはホイールを固定するためのものなので、このままの状態ではホイールに傷が付いてしまいます。

ホイールと十字パーツの間に何か柔らかいものを挟んでやると、多少傷がつきにくくなると思います。

プチプチをホイールと十字パーツの間に挟む

ここまで準備ができたら、この上から円筒状のパーツを取り付けていきます。

円筒状のパーツを取り付ける

円筒状のパーツの内側にはボルトが入っていて、このパーツをグルグル回していくことでホイールを下に強く押さえつけて固定することができます。

円筒パーツの内側

円筒パーツを取り付けた後のタイヤチェンジャー

これで、ホイールの固定は完了しました。

次のページでは、ホイールからタイヤを取り外す工程についてお話していいます。