【素人向け】タイヤのビード上げの具体的な方法

ビード上げに使う道具

まずはじめに、ビード上げに使う道具についてお話していきます。

【必要なものその1】空気入れ

ビード上げに使うタイヤの空気入れ

まずはじめに必要なものは、タイヤの空気入れです。

私は車のシガープラグに挿すタイプのコンパクトな空気入れを使っています。

単純にこのような空気入れを使ってもタイヤのビードは上がりませんが、ある方法を使えば、この空気入れでもビードを上げることができてしまいます。

【必要なものその2】タイヤ

タイヤのビード上げに使うもう一本のタイヤ

今回は、ビードを上げるタイヤの他に、もう一本タイヤを使います。

車には4本のタイヤがあるので、そのうちのどれかを使えばOKです。

【必要なものその3】空気入れの先端部分

空気入れの先端部分のホースでビードを上げる

次に必要なものは、足踏みタイプなどの空気入れの先端部分です。

私の場合、このような感じで空気入れのホースをカットして準備しました。

自転車の空気入れ

空気入れのホースをカット

注意点としては、空気入れの先端パーツが車のエアバルブに対応していて、以下のような感じで取り付けられる必要があります。

自動車タイヤのビード上げ

【必要なものその4】ムシ外し

タイヤのムシ外し

ビードを上げるタイヤに空気を入れる際に、エアバルブのムシを外した状態で行います。

上の写真のようなムシ外しも準備しておいてください。

次のページでは、具体的なビードの上げ方についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました