【工賃節約】自分で車のタイヤを交換(着脱)する方法

タイヤ交換に必要な道具

まずはじめに、タイヤを着脱するために必要な道具についてお話していきます。

【必要な物その1】ジャッキ

タイヤが地面から5cmぐらい浮き上がる案でジャッキアップする

自動車のタイヤを交換するためには、写真のようにジャッキを使って車を持ち上げる必要があります。

多くの車には、車載道具としてジャッキが装備されていますので、それを利用すればOKです。

ノアの車載工具

車にジャッキがない場合は、ホームセンターなどで上記のようなジャッキが2000円ぐらいで売られていますので、それを購入しておくといいでしょう。

【必要な物その2】ホイールレンチ(あればトルクレンチも)

自分でタイヤ交換する方法

タイヤを着脱する際に、タイヤのホイールナットを締めたり緩めるために使うのがホイールレンチです。

これも、基本的には車載道具として車に装備されているものを使えばOKです。

車にホイールレンチが装備されていない場合、ホームセンターなどで十字タイプのホイールレンチ(1000円程度)を購入しておけばいいでしょう。

ただし、ホイールナットの締付けトルクをしっかり管理したい場合は、トルクレンチと呼ばれるもの(ホームセンターなどで約3000円ぐらいで購入可能)も買っておきましょう。

トルクレンチを使ってタイヤのナットの締付けトルクを管理

後ほどの説明で、トルクレンチを持っていない人向けに、車載工具のホイールレンチだけでざっくりと規定トルクで締め付ける方法についても紹介しています。

ちなみに、今回ホイールレンチやトルクレンチを購入する場合は、自分の車のホイールナットのサイズが知りたいのではないかと思います。

その場合は、以下のホームページにメーカー車種別のホイールナットサイズ(二面幅、レンチなどのサイズのこと)が書かれていますので、それを算国にするといいと思います。

>>ホイールナットの適応各自動車メーカー|KYO-EI

【必要な物その3】軍手

ナットを手で締付けていく

素手でタイヤの着脱作業を行うと、手が真っ黒になってしまいます。

ケガ予防のためにも軍手などを準備しておくといいでしょう。

この他にもあると便利なものは色々ありますが、基本的にはジャッキとホイールレンチさえあれば、タイヤ交換作業を行うことができます。

次のページでは、自分でタイヤ交換する具体的な手順についてお話していきます。



タイトルとURLをコピーしました